AGAと頭皮のかゆみは実は直接関係ない

男性型脱毛症のAGAと頭皮のかゆみは実は直接関係がないことはご存知でしょうか。
AGAのほとんどが男性ホルモンの影響などが主な原因なので頭皮のかゆみ要因がAGAであるとはいえないのです。
AGA併発していることはあるかもしれませんが別問題の症状と捉え対策をそれぞれにとることが早く治すためには大切です。

男性の薄毛や脱毛症と言うとAGAをすぐ思い浮かべる方も多いかもしれませんが、後頭部や側頭部の薄毛が気になる場合には必ずしもAGAとは言えません。
これはAGAの原因と考えられている男性ホルモンをDHTへと変換させるII型5αリダクターゼが後頭部や側頭部の毛乳頭に少ないためです。
そのためこれらの脱毛症の場合には別の対策をとる必要性があります。

後頭部の薄毛の場合には食生活の偏りや睡眠不足、運動不足や慢性的なストレスによる自律神経の乱れなどが原因として考えられます。
側頭部の場合には長時間の目の疲れ、甲状腺機能低下症などがあげられます。
いずれも頭皮のかゆみとは直接関係はありませんがストレスによって免疫能力が下がることでかゆみを引き起こしていることもあります。

AGAや薄毛、脱毛症の症状は人それぞれ異なりますが炎症が起きている場合には炎症専用の治療が必要です。
市販薬も販売されていますがまずは医師に相談すると良いでしょう。
かゆみがでている場合にはアレルギー症状を併発していることもあります。
使用している薬が自分にあっていないこともあるのでまずは医師に相談しましょう。

AGAは遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因のため頭皮のかゆみの原因とは直接関係はありません。
かゆみが現れている場合には他にも要因がありますので原因を混同しないようにしましょう。
自己流でAGA対策を行っている場合には薬や育毛剤が体にあっていないこともあります。
かゆみの原因を突き止めて早めに自分にあった治療法を見つけることが脱毛症治療を続けていくためには大切です。

かゆみの原因はAGA対策かも?

頭皮のかゆみの原因はAGAと直接関係がないことが多く別問題であることがほとんどですがAGA対策として使用している育毛剤やシャンプーが頭皮に合わないこともあります。
育毛剤に対してアレルギーをおこしていることもあるのでこれらを使用したあとに頭皮のかゆみが現れた場合には使用をすぐに中止して早めに医師に相談することが大事です。

かゆみの原因のひとつには脂漏性皮膚炎があります。
皮脂が過剰に分泌され頭皮に脂が多くなった状態でマセラチア菌という真菌が繁殖してしまうとおこる病気です。
頭皮に脂が多い方はAGA対策として洗浄力の高いシャンプーを使用しているかもしれませんが洗浄力の高いシャンプーは頭皮を乾燥させてしまうため体の防衛反応として脂を多く出してしまうことがあります。
慢性化しやすいので早めに皮膚科に相談し専用の治療薬で治すことをおすすめします。

早くAGAを直したいからといってAGA用のシャンプーの回数を増やしたり育毛剤の量を増やす方もまれにいますがかえって頭皮に刺激を与えてしまうこともあります。
刺激はかゆみの原因となりますので使用方法を守って使うことが大切です。
頭皮を洗う時にはシャンプーは原液を直接つけず、一度手で泡立ててから使用すると刺激を減らすことができます。

頭皮のかゆみの原因は他にも食べ物によるアレルギー反応やヘアカラーのし過ぎ、太陽から発せられる紫外線によるダメージなど日常的なものも含まれます。
そこに間違ったAGA対策をとってしまってはよけいにかゆみの原因を増やしてしまいますので自己判断でAGA治療を行うのはおすすめできません。
頭皮にかゆみがある場合はまず皮膚科に相談してみてはいかがでしょうか。