AGAだけじゃない、薄毛と抜け毛の原因とは?

薄毛と抜け毛の原因は、AGAだけではありません。様々なことが薄毛や抜け毛の原因になります。
どのような原因で薄毛や抜け毛が起きているかを把握しないと適切な治療ができず改善が難しくなってしまいます。
どのような原因で薄毛や抜け毛が起きるのかを知っておきましょう。

髪は頭皮から生えていますので頭皮にダメージを与えると髪にも影響が出てきます。
シャンプーやパーマ、カラーなどは頭皮に悪影響を与えることもあるので注意が必要です。
シャンプーは頭皮を清潔に保つうえで大切なものですが高級アルコール系シャンプーなど洗浄力が強すぎるものを使っていると頭皮にとって必要な潤いまで奪ってしまいます。
頭皮と相性のよい適度な洗浄力のシャンプーを使うようにしましょう。

洗い方も大切です。シャンプー液を頭皮にそのままかけるような洗い方はよくありません。
シャンプーをするときにはぬるま湯を使い、予洗いから始めます。
シャンプーは泡立ててから頭に乗せ、頭皮を中心に指の腹を使って優しく洗います。しっかりとすすいで頭皮を清潔に保ちましょう。

カラーやパーマも頭皮には負担が大きいです。短い間隔で頻繁に行うと髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。
オシャレのためにカラーやパーマをされる方は適度に間隔をあけるなどの工夫をしましょう。

生活習慣も影響を与えます。
睡眠不足や偏った栄養の食生活、運動不足、ストレスなど様々なことが影響します。
悪い生活習慣は薄毛や抜け毛の原因となりますので規則正しく健康的な生活習慣を心がけ、ストレスは適度に発散し、睡眠は十分にとるようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れも髪に影響を与えます。
ストレスを溜めたり、生活習慣が乱れたりすることもホルモンバランスの乱れに繋がるので注意が必要です。
冷えも髪にはよくありません。栄養は血液に乗って運ばれていくからです。

遺伝的に薄毛になりやすい方はいらっしゃいますが、だからといって諦めてしまう必要はありません。
食生活やヘアケア、喫煙や飲酒、睡眠不足などの影響も大きく受けるからです。
遺伝的に薄毛になりやすいからといって諦めてしまうのではなく、適切な対策をして薄毛や抜け毛を防ぎましょう。

自分の原因を突き止める

薄毛や抜け毛の改善をしたいのであれば、自分の原因を突き止めることが大切です。
AGAだけが薄毛の原因ではないからです。
頭皮環境が悪くなって軟毛化したり、栄養が不足して軟毛化するといった場合もありますので、AGAだと決めつけないで自分の薄毛の原因を突き止めることが大切です。

睡眠不足だったり、運動不足だったりなど生活習慣が乱れていると頭皮環境が悪くなったり、栄養が不足したりして髪が育ちにくくなります。
睡眠不足になると成長ホルモンの分泌がスムーズにいかなくなり髪にも影響が出てきますので注意しましょう。

栄養は血液に乗って運ばれますので血行を悪くするようなことは髪にも影響を与えます。
喫煙や過度の飲酒は血行を悪くするのでよくありません。運動不足や冷えも血行を悪くする原因になりますので注意が必要です。

ヘアケアも間違った方法で行っていると薄毛や抜け毛の原因になります。
過度なヘアケアは薄毛や抜け毛の原因になりますので、カラーやパーマは適度な間隔を空けて行う、シャンプーは頭皮に合ったものを使って正しく行う、など、正しいヘアケアを心がけましょう。

ドライヤーの使いすぎは髪や頭皮にダメージを与えるのでよくありません。
だからといって、シャンプー後の髪を自然乾燥するのも雑菌の繁殖や頭皮の冷えを招く原因になります。
手早く乾かすためにドライヤーを適度に使うほうが安心です。ドライヤーの使用は適切に行うようにしましょう。

遺伝的にAGAになりやすいという方もいらっしゃいますが、その場合でも健康的な生活習慣を心がけることで進行を遅らせるといった効果を期待することはできます。
遺伝的にAGAを発症しやすい方は、薄毛や抜け毛が気にならなくても喫煙や飲酒に注意したり、過剰なヘアケアや睡眠不足、食生活に注意して予防を意識するとよいです。