フィナステリドとミノキシジルの効果の違い

抜け毛薄毛や脱毛に対する治療薬として、日本でも広く使用されているものにフィナステリドやミノキシジルが配合されているものがあります。
この二つの成分は、厚生労働省でも発毛の効果があると認められているものであるため、薄毛治療を専門に行なっている病院などでも広く使用されています。

フィナステリドとミノキシジルはそれぞれ髪の毛の脱毛に対して一定の効果が期待できますが、脱毛を抑えるメカニズムはそれぞれ異なっています。
そのために、この二つの成分が含まれた治療薬を脱毛の症状に合わせて適切に使用することで、薄毛の症状により大きな効果を期待することができます。

この二つの成分のうち、フィナステリドは抜け毛予防の目的で使用されているものです。
そのために、主に薄毛になりはじめた患者の間で広く使用されているものです。
フィナステリドは男性ホルモンに働きかけるメカニズムによって、効果的に抜け毛予防をする成分です。
薄毛になる前に未然の予防をする上では大きな効果が期待できる治療薬です。

髪の毛が抜け落ちる原因は、男性ホルモンの存在が大きく影響していますが、それはテストステロンというホルモンが、5αリダクターゼという酵素と結びつくことによって、ジビドロテストステロンという物質に変化するからです。
このジビドロテストステロンという物質が髪の毛の抜け毛を促すことで、薄毛が促進されています。
フィナステリドには、このジビドロテストテロンを体内に作り出す5αリダクターゼの働きを抑制できる効果を持っています。
これがフィナステリドが薄毛の進行を抑えることができるメカニズムです。
そのために薄毛になる前の未然の予防にはフィナステリドは最適の治療薬なのですが、すでに抜け毛が大幅に進行しているタイミングでは、フィナステリドだけでは育毛の効果が現れにくい場合もあります。
そうした場合に広く用いられているのが、フィナステリドとは異なったメカニズムで発毛を促進するミノキシジルです。

ミノキシジルは育毛の効果がある

ミノキシジルはフィナステリドと同じように、厚生労働省から発毛の効果があると認められた治療薬ですが、そのメカニズムは大きく異なっています。
ミノキシジルが育毛に効果を発揮できるのは血管を拡張できる効果があるからです。

もともとミノキシジルは血圧の高い患者のための治療薬として用いられたのですが、育毛に対しても効果があることがわかり、薄毛の治療薬としても広く使用されるようになりました。
頭部を流れる血管を拡張することで、頭部への血のめぐりを改善して、育毛のために必要な栄養素の伝達などをしやすくしています。
そのために、ミノキシジルは脱毛がある程度まで進行したタイミングでも発毛効果が期待できる治療薬です。

またミノキシジルの効果をさらに強める方法として、フィナステリドとの併用も広く行なわれている治療方法です。
この二つの治療薬の併用は、医師による正しい診断に従って行なうことで、より薄毛の進行を食い止めることができる働きが期待できます。
フィナステリドは男性ホルモンの働きを防ぐことで脱毛自体を予防し、ミノキシジルは血管の拡張によって育毛を促すことで、二つのメカニズムで効果的を発毛効果を促進させることができます。

フィナステリドとミノキシジルを併用する場合に特に注意をしなければいけないのは副作用です。
治療薬は種類によってこれらの成分が含まれている割合が大きく異なっているために、自分の体質に合った割合のものを使用するのが、副作用を避けて安全に育毛をするためには不可欠です。
そのためには、薬の服用を始めるまえにはまず、専門の医師に相談をする必要があります。
薄毛の治療は皮膚科の医師などが専門にしていますが、最近では薄毛の治療を専門に行なっている病院もあります。